【2022年最新】エンジニアカレッジの説明会に行ってきたけどなんか質問ある?感想・口コミ暴露。

出典:エンジニアカレッジ

今日、エンジニアカレッジの説明会に参加してきたよ〜!

どんな雰囲気だったとか、どんなことを聞かれたか、とか、参考になれば幸いでござる。

>>エンジニアカレッジの公式HP

▼全体の流れ

全体の流れ

①説明会
②個人キャリア相談会

説明会は一対一ではなく、全体&顔だし必須で行われる形式。


説明会終わった後に個別のキャリア相談会があるって聞いて冷や汗かいたけど、

すごく簡単な質問だけで突っ込まれた質問すらなかった。


説明会だけだと思ってたから
寝巻きの上にセーターで、すっぴんだったけれど、受講できることになった。


あっさりすぎてびっくりした。

▼聞かれたこと

聞かれたこと

・ご経歴を簡単に教えてください
・なぜ興味を持ったのか?
・東京に就職は・引っ越しは可能か
・パソコンの貸し出しは必要か
など

突っ込まれた質問はなく、年収すら聞かれなかった。

▼コロナ前後での変更点

コロナ前後での変更点

①すべてオンラインでの受講になった
②遠方からの就活の際、シェアハウスではなくホテルでの滞在になった。

①すべてオンラインでの受講になった

コロナ前では、
受講は対面で教室で出来たけど、今は完全に全部オンライン。

オンラインの方がどこでも受けれるからラクって言えばラク。

②遠方からの就活の際、シェアハウスではなくホテルでの滞在になった。

もちろんホテル代は全額出してもらえるらしい。太っ腹


▼資格習得するときのお金も半分出してもらえる

CNNAを取得するときに36,960円(税込)かかるけど、

それが16,000円くらいで受験できる。


他のスクールだと、受験料は全額自分負担なのでびっくりした。


>>エンジニアカレッジの公式HP


▼コースは2種類ある。

2種類のコース

①週5コース
②自分で時間を作って受けるコース

①週5コースについて

週5コースでしか、チーム演習が出来ない。

私は週5コースにした。

時間に縛られるけど、
そうでもしないと勉強しないなって思ったし、
週5に参加できる恵まれた人間なので。

②自分で時間を作って受けるコース

主に日中は仕事しながら勉強するためのコース。


なので在職中でも仕事しながら資格習得できる。


▼使えるPC持ってない人は無料でレンタルしてくれる

スペックを満たすパソコンを持っていなかった、けれど無料でレンタルしてくれた。

吾輩「貸し出し料金はいくらですか?」

エンジニアカレッジの人「これも無料です(ニコ)」

吾輩「ファ!?!?!」

2日後くらいに「発送しました。」メールが来て、スピードの速さに驚いた。

パソコンが来たときも記事にしようと思う。


ちなみにエンジニアカレッジでもプログラマカレッジからでもどっちでもいい。

「プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違いはなんですか?」

「プログラマーはシステム開発などの勉強で、エンジニアカレッジはインフラのための勉強になっております」

私はプログラマカレッジからインフラエンジニアの講座に申し込んだ。


>>エンジニアカレッジの公式HP



本当にフラットな感じで参加できるので安心して参加してほしい。
>>詳しい情報はこちら


その他おすすめ記事

インフラエンジニアになりたい人のための無料スクールおすすめ厳選3選。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*